トラックメンテナンスの関西整備トップ > 実例3 ミッションオーバーホール

事例3:ミッションオーバーホール

ミッションオーバーホール
ミッションを覗いてみると・・・

3速がギア鳴りしてギアが入らないという事で入庫した車両です。
急ぎミッションを降ろしてトップカバーをめくり、中を確認してみると・・・

ミッションオーバーホール
見て下さい!!

トラックはメンテナンス次第で100万キロ走る時代になりました。外見はパリッとしていても、やはりこういった所に不具合が出てきます。
見てください、3速と4速のギアがすり減ってまんまるになってしまっています。
予算もかねあわせ、今回は悪い部分だけの交換となります。

がんばりますよ〜!
by みっきー
ミッションオーバーホール
ミッション分解

特殊な工具を使い、ミッションを分解していきます。

ミッションオーバーホール
ミッション分解が終わり・・・

バラバラになったギアです。
一見、どれも同じようにみえますね!

ミッションオーバーホール
これが不具合だったギアです。

不具合だった3速、4速のシンクロとギアです。
いい感じで焼きが入っていました。

ミッションオーバーホール
新品のギアを組み込みました!

これが新品を組み終わったミッションです!
ギアの先端がしっかりととがっていますね!
これでスムーズに入るはずです!

ミッションオーバーホール
新品のギアを組み込みました!

バラバラだったその他の部品も組み上げて完成です。
完成後、このミッションを車に積んで試運転した所、バッチリ不具合が解消しました。

重整備も、やります!できます!関西整備へ!

実例集一覧へ戻る